検索
  • Sosuke Masaki

運転資金に困ったら…在庫買取。

商売を続けていると、決して順調な時ばかりではありません。 ギリギリで月末の支払を迎えた経験をお持ちの方も多いと思います。 しかし万事休す、月末に支払が出来ないことが分かった場合には、どのように対応すれば良いのでしょうか。


銀行・金融機関に相談してはいけない


普段から取引のある銀行・金融機関に、追加で融資してもらうということを考えます。

しかし繰り返せば限度額を越えてしまう等、融資条件を満たせなくなる場合もあります。 また、借入金の増加は信用低下にも繋がり、大手との取引開始にあたって信用調査が入った場合に条件を満たせず、せっかくのチャンスを逃すこともあります。追加融資については基本的に新規事業や業務拡大の際に行い、繋ぎ融資には手を出さないことが懸命です。


在庫もお金であることを考える

一時的にお金が必要になった場合には、在庫の買取を検討してみてはどうでしょうか。

店頭や倉庫にある在庫の一部を業者へ買取することで、「在庫の現金化」が可能となります。


半年経っても売れない在庫は売れる確率は極めて低いと言われています。 もちろん、商材によって期間は異なりますが、何度かお客様の目に触れても売れない商品は、やはり売れづらいのは事実です。こういった在庫を現金化することは非常にメリットがあるといえます。


自社セールより換金が早い


たとえば自社でセールを行った場合、クレジットカードや電子マネーで支払を受けた場合には現金化までに日数がかかってしまいます。


在庫買取の場合は即、現金支払。 買取が成立すればすぐに現金資金が手に入ります。

またセールと異なり売れ残ったり、セール用の人員や備品の手配も不要ですので、本当にすぐに換金できます。


スペース削減効果も

在庫買取をきっかけに、不稼働在庫を処分すると、在庫が現金化できるだけでなく、不稼働在庫が占めていたスペースが空きます。店舗であれば、残った商品でより魅力的なレイアウトに変更する、倉庫であれば作業効率が改善するなど、空間的な自由度も増します。


在庫処分JPでは独自のネットワークを持つことにより、大量販売を実現。

仲介がメインの在庫処分サービス他社とは異なり、自社直販のため、好条件で買取・処分が可能で、シークレットマーケット的に処分することが可能です。


まずはお気軽に「在庫処分JP」まで、お問い合わせください。

0回の閲覧
在庫処分・商品事故品買取の中商株式会社

© 2020 在庫処分JP