検索
  • Sosuke Masaki

大雨による浸水汚損品買取いたします

近年気候の変化により、甚大な被害につながる集中豪雨が多数発生しています。また短時間ゲリラ豪雨(記録的大雨)など予期せぬ大雨により商品が汚損することも。「在庫処分JP」では、輸送箱やパッケージ汚損で通常の販売が困難になった商品でも買取させていただきます。


増える異常気象


梅雨前後や台風シーズンにこれまで類を見ない大雨・集中豪雨が発生するケースが増えています。

近年降水量80mm/時を超える猛烈な大雨は、ここ30年で1.7倍に増えており年平均17.9回となっていて、今後21世紀末に向けて増加し続けるとの予測がされています。(参照:ウェザーニュース


都市部でも被害が


地方では崖崩れや河川の氾濫など甚大な被害を与える一方、都市部では短時間の雨で冠水したり雨漏りすることも。

実際に商品が被害に遭うケースも増えています。


店舗の浸水

都市部では下水の排水能力を上回った場合、河川から離れた場所でも汚水が道路上に広がっていく災害が発生します。ビル1階などのテナントの場合はこうした場合に床上浸水により床に積んだ商品などに被害が及ぶ可能性があります。


ビル・倉庫の雨漏り

大雨の場合、ビルや倉庫の屋根上の排水能力をうわまった場合に、天井から雨漏りが発生する場合があります。通常の雨では起こらないこともありどこで雨漏りするか予測がつかないことから、店頭や倉庫の商品が知らないうちに水浸しになっていた…というケースも。


荷下ろし場の浸水

ビルやショッピングモールなどの荷下ろし場は、店舗側のフロアの高さとトラックの荷台の高さに合わせるために、駐車する側が低くなっている場合があります。大雨が降ると低い場所に流れてきた水がこのトラックを駐車するスペースへ集まり、プールのように雨水が溜まることもあります。こうした駐車スペースには荷捌きが間に合わなかった商品などが積まれていることがあり、不意のゲリラ豪雨などで汚損する場合もあります。


大雨の汚損品の買取は在庫処分JPへ


このような雨による汚損で販売に支障がでた商品は、ぜひ在庫処分JPへお問い合わせください。弊社が即現金買取いたします。


1.まずはメール・電話で問合せ

2.事前見積もりをご回答

3.正式申込

4.現地へ商品回収/代金お支払い


買取での対応となりますので、面倒な売買契約書などの書類は不要です。

汚損品の処分でお困りの経営者様・ご担当者様、ぜひお気軽にお問い合わせください。




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

​ご相談・お見積り無料