検索
  • Sosuke Masaki

商品事故の弁済

物流の現場で発生する商品事故において、預かった商品の弁済が現場側の負担になることが問題になっています。

しかし、商品事故と言っても非常にシビアなものもあるのが事実です。


見た目に完全に商品が破壊されているなど、破損が明らかな場合は弁済が確定的ですが、商品パッケージや輸送箱などに軽度のダメージがある場合は、商品本体に破損が無い場合でも、弁済の対応を迫られるケースがあります。また、こういった場合に委託元へ報告をせず通常通り出荷した場合には、後日になって商品事故が発覚することになり、委託元との信頼関係が傷つき、業務委託の契約が見直されたり、破棄されたりするリスクを追うことになりかねません。

そのため、委託先の現場では軽度の破損や、外観上判別できない場合でも、商品事故として扱う必要があります。こうした場合、商品事故品を弁済することになります。


商品事故品を再販売するのは、大変な手間がかかり、通常業務以外に処理する時間はありません。


そんな時は「在庫処分JP」へ、ご相談ください。

現場で見積り、ご納得いただければ現金で商品代金をお支払いし、商品引き上げまで全てサポートいたします。


まずはお気軽にお問い合わせください。

1回の閲覧
在庫処分・商品事故品買取の中商株式会社

© 2020 在庫処分JP