検索
  • Sosuke Masaki

おせち用食材の在庫処分


新年に欠かせないアイテムといえば、「おせち料理」。

各社担当者が趣向を凝らして企画するお節料理に欠かせない正月用の食材ですが、食品メーカーが生産する業務用食材を使用することも多いでしょう。


栗きんとんや昆布巻き、黒豆など、正月料理に使われる食材は、この期間を逃すと販売しにくいものばかりです。


正月用の食材は大半は30日午前中までに納品されるため、31日には余った分が廃棄処分されることが多いようです。


元々メーカーは注文数よりも多めに余裕を持って製造するため、予定通りの完売であっても余ってしまうのです。


名古屋市のNPO法人が、こうした年末に余剰になった正月食品をメーカーから寄付で集め、生活困窮者に届ける活動を行っているようです。


無償で譲り受けた食品を生活困窮者に届けている認定NPO法人「セカンドハーベスト名古屋」(名古屋市北区城東町)が三十一日、食品メーカーから提供された廃棄予定の「おせち料理」を、ホームレス支援団体や福祉団体など十三団体に配った。活動は七年目。

 セカンドハーベストによると、食品メーカーは作ったおせちを三十日までにスーパーなどに卸すため、三十一日に残った料理はほとんどが廃棄処分される。メーカーは発注より多めに作ることも多く、品質に問題ないのに廃棄される食材が出るという。

 団体事務所には、市内のメーカーから無償で譲ってもらった栗きんとんや昆布巻き、黒豆など、おせちに使われる十五種一・六トンの食材が搬入された。スタッフが仕分けた後、車で受け取りに来た団体の担当者に渡された。山内大輔理事長(37)は「生活に困っている人が最初に削るのが食費。生活の豊かさを感じ、おせち料理を食べてほっとひと息ついてほしい」と期待した。

 (水越直哉)


参照)「おせち料理」捨てずに 名古屋のNPO、生活困窮者に配布(中日新聞)


食品メーカーだけでなく、おせちを製造・販売する販売店や、食材として販売するスーパーでも、余剰となった正月食品への対応は毎年、頭を悩ませるかと思います。


また、大手メーカーであれば計画的に生産し余剰となった食品を寄付に回す財務的な余裕はあるかもしれませんが、中小企業では「1円でも回収したい」と考える経営者の方・担当者の方が多いのではないでしょうか?


業務用食材はレトルト加工されたものや缶詰、冷凍食品、乾麺など、日持ちする食品もあります。こうした余剰となった食材を現金化するにはどうしたら良いでしょうか。


そこで食品買取業者へ依頼してみませんか。


一般的には食品の買取というと馴染みがないかもしれませんが、メーカー・スーパーなど余剰になった食品在庫の処分方法として注目を集めています。


近年のフードロスへの関心の高まりを受け、安直に食材を廃棄処分することはコンプライアンス的にも避ける傾向のためです。


自社店舗や流通ルートでは大量の食品を処分することは現実的には困難ですし、ブランドイメージを棄損するリスクもあります。また、処分完了までかなりの日数を要するのも、問題です。


食品買取業社であれば、大量の食品の在庫処分も1日で完了します。

食品が保管された倉庫までトラックをチャーター手配、食品在庫を積み込み、即現金支払いも可能なのです。


また買取された食品の流通ルートについても取引の際に交渉可能ですので、自社のブランドイメージの保護・自社の流通ルートへの影響も最小限に抑えることも可能です。


余剰になった正月用の業務用食材の処分方法なら、「在庫処分JP」へご相談ください。




47回の閲覧
在庫処分・商品事故品買取の中商株式会社

© 2020 在庫処分JP