検索
  • Sosuke Masaki

2020年から猛威を奮う新型コロナウィルス。遂に東京都は4度目となる緊急事態宣言が発令されました。こうしたコロナ渦で注目を集めているのがEC通販=インターネット通販です。しかし成功する店舗もあれば、失敗する店舗も存在します。ここでは「EC通販で失敗する10のパターン」をご紹介します。



1.EC通販に時間を割かない

2.商品を並べただけ

3.写真映りが悪い

4.スマホに最適化されていない

5.いきなり結果を求めすぎる

6.外注に丸投げ

7.問合せしにくい

8.問合せへの返答が遅い

9.SNSを活用しない

10.SEO対策がされていない

1.EC通販に時間を割かない


EC失敗でもっとも多いパターンは、そもそも時間をかけていない、ということです。

どうも「ネットだったらすぐ売れる」「ネットはカンタンに売れる」という謎の神話?があるみたいですが、そんなことはありません笑


失敗している方の大半は、「片手間でちょっとやってみたけど、全く売れなかった」というパターンです。


いや、そんなに簡単に売れたらみんなリアル店舗なんてやらずに全部ネットになってますよ笑


大手企業でも専任者が配属されて、ECコンサルタントなんて職業があるぐらいですから、ちょっとやそっとじゃ売れません。


しっかりと時間をかけること、これが第一歩になります。


2.商品を並べただけ


最近はテレビCMで「すぐにネットショップがオープンできる!」と宣伝しているサービスなど、非常にネットショップ開店のハードルが低くなってきました。


それこそ商品の写真を撮って、サイトやアプリの指示に従って1点ずつ商品を登録していけば、たしかにネットショップはオープンできます。


しかし、これでオープンしたからといって商品が売れる訳では有りません。


こうした「とりあえず出店した」EC通販サイトでは、商品名と商品写真が数点しか載っていないだけ、ということがあります。


これでは商品の魅力が伝わりません。ネット通販では実際に手にとって商品の質感や色合いを確かめたり、接客して商品がいかにお客さんの趣向に合うかを補填することはできないからです。


そのため様々な角度から商品について十分すぎる以上の説明を、写真・文章、時には動画を使って説明する必要があるということを十分理解しましょう。


3.写真映りが悪い


お客さんが商品を見つけて購入を検討するかしないか、大きな判断になるのが商品写真です。


この商品写真がとりあえずスマホのカメラで撮っただけ、ということはないでしょうか。


特に1枚目の写真は、サムネイルといって検索したり商品一覧を表示した際に表示される、もっとも見られることが多い写真になります。


この1枚めの写真が魅力的なものであれば、お客さんは商品一覧からクリックして「もっと詳しく商品について確認したい、自分の趣向に合えば買ってみよう」と思い、画像をタップして進みます。


EC通販を初めて最初の内はやることも多く、アクセスが多少あっても商品が全く売れない、ということもあるかと思います。

そういった場合は商品の1枚めの画像を撮り直すところから初めてみてはどうでしょうか。


4.スマホに最適化されていない


この記事を見ている方は今、何を使って読まれているでしょうか。

スマホという方も多いかもしれません。


商材には依りますが、既に多くのサイトではスマホからの閲覧が80~90%になっています。


一方でEC通販サイトを作る際や、受注の管理はパソコンで行う方も多いかと思います。


自分なりに趣向を凝らして、お客さんに商品の良さが伝わるように商品説明も厚くして…パソコン上のホームページではバッチリ完成!となっても、スマホから見たときには微妙な構成になっていることもしばしばあります。


特にスマホでは画像が小さく表示されますので、画像で作った文字が小さくなりすぎて可読性が低く読めなかったり、パソコンからはページ全体を見渡せば重要な説明が見えるものがスマホからは何度もスクロールしなければ確認できなかったり…というケースがあります。


パソコンで確認するのではなく、必ずスマホでの状態がベストな表示になっているか必ず確認するようにしましょう。


5.いきなり結果を求めすぎる


ECに詳しくない方に多いのが、いきなり結果を求めすぎる傾向です。

「ネットだから世界中から見てもらえるし、すごく売れるはず」 という謎の盲信からか、ホームページ専門業者に数百万円のお金をかけて一流のECサイトを作れば、もう後は勝手に売れてくれる!と考えている人もいるようです。


ある調査によると現在インターネット上には20億近いホームページが存在しているそうです。この中から突然現れた新しいホームページがいきなり人気になるものでしょうか…?


ホームページは作ったから商品が売れるものではありません。

その後も「いかにお客さんに見つけてもらえるか?」という視点で集客を行う絶え間ない努力が必要不可欠なのです。


6.外注に丸投げ


「自分にはEC通販サイトの構築は無理だから、専門業者に依頼しよう」と考えるのは、賢い選択の1つかもしれません。


しかし、サイトの制作を外注するにしても「丸投げ」しすぎないことが重要です。

なぜならばホームページ作成業者は「ホームページを作ること」に関してはプロですが、「あなたの取り扱っている商品を売ること」についてはプロではないかもしれないからです。


商品の良さや店舗でのお客さんとの直接の評判を知っているのは他ならない「あなた」です。


こういった情報まで「面倒だから」「ネットのことは分からないから」と丸投げしてしまっては、せっかくの良い商品が売れるはずもありません。


EC通販サイトの作成を業者に依頼するのは良い選択ですが、丸投げしすぎないことが重要です。


7.問合せしにくい


商品の良さを伝えるため想いを表現するECサイトを立ち上げ、魅力的な商品が多数掲載されている。スマホからの見栄えもすごく良い。


ここまで来たら上手く行けば少しずつ注文が入ってくるかもしれません。


しかし増えるアクセス数に対して注文が伸び悩んでいる…そんなときは意外なところに問題を抱えているかもしれません。


それは「問合せのしやすさ」です。


会社概要や特商法に基づく記載にしか問合せがない、なんてことはありませんか。


お客さんは少しでも不安に思ったら聞いて確認したいことがあるかもしれません。 また、すぐには問合せを行うつもりがなくても、なにかあった際の連絡がすぐにできるかどうか気にしています。


不安に思ったらすぐに問合せができるよう、ホームページや商品ページには「問合せ」への誘導が明確にできているかどうか、確認しましょう。


8.問合せへの返答が遅い


せっかく頂いたお客さんからのお問合せについて、スムーズに問合せができているでしょうか。


中にはメールのチェックは1日に1回・気が向いたらという方もいらっしゃるかもしれません。


確かに大手企業ほどメールの返信が遅かったりしますが、メールの返信の速さがサービスの成約率に大きく貢献することは様々な調査で明らかになっています。


近年では「チャット」や「LINE」を使った問合せへの対応も増えており、これらはリアルタイムで質問や問合せに回答するスピードが非常に受けています。


最初からチャットやLINEは対応が難しい…という場合でも、メールの返答速度を上げるよう努力をしましょう。


9.SEO対策がされていない


SEO対策、という言葉を聞いて何か良く分からない方も多いと思います。

簡単に言うと、Googleやヤフーで何か検索した際に、検索結果の上の方に表示させる対策になります。


商品名を検索して1ページ目に表示されれば、かなりのアクセス数が期待できます。


しかし、先述のとおり世の中には20億ものホームページが存在するわけですから、単に商品をネットで販売しているだけでは、検索結果の1ページ目に表示させることはほぼ不可能です。


SEO対策の基本は「この商品はどんな人が探しているか」ということ。


商品名から商品説明文まで、商品を探しているお客さんの心境になって、「どんな言葉で検索して探すだろう」という視点で修正(リライト)することが重要です。

10.SNSを活用しない


あなたは商品を探す際に、どのようにインターネットで調べますか。

Yahoo!やGoogleを使って…

と答える方が多いかもしれません。


実は最近、こうしたいわゆる検索サービスを使わずに商品を探している人が増えているのです。


それがTwitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム/インスタ)のような「SNS」と呼ばれるサービスです。 SNSはカンタンに言えば「一言ブログ」 かんたんに趣味・趣向が合うユーザー同士が繋がりあえる大変便利なサービスです。


そのため若い人を中心に、商品を探す際はSNS上で検索をかける傾向が高まっています。

こうしたSNS上で検索することを「タグる」と呼びます。


そのため若い人にはSNSで調べて出てこないことは、ネット上に存在しないも同然です。


EC通販サイトを立ち上げたら、必ずSNSのアカウントも開設して、SNS上でも商品の宣伝を行うようにしましょう。


いかがでしたでしょうか?


今回はコロナ渦でEC通販で失敗する10のパターンをご紹介しました。


在庫処分JPでは残念ながら上手くEC通販が軌道に乗らなかったり、期待して発注した在庫が計画通りに売れなかったりという場合に、御社の在庫を現金買取するサービスを展開しています。


もし通販で発生した過剰在庫や余剰在庫・EC廃業に伴う処分在庫をお持ちの法人様がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽に「在庫処分JP」までご相談ください。




3回の閲覧0件のコメント
  • Sosuke Masaki

最終更新: 7月6日

食品の在庫は余剰になったり期限が迫ったりしたら捨てるものだと思いこんでいませんか?


SDGsやフードロスの問題が盛んに取り上げられる昨今、安易に食品在庫を捨ててしまうのは企業イメージ低下やコンプライアンスとしても問題になりかねません。


食品在庫を買取している業者に処分を依頼すれば、これまで支払っていた処分料・コストが、買取という形で現金化できるようになります。


食品在庫は捨てずに、経営資源としてきちんと現金回収しましょう。

食品在庫買取の対象商品


  • お菓子(せんべい、クッキー、チョコレート、キャンディ、ガムなど)

  • レトルト食品(カレー、パスタソース、シチューなど)

  • インスタント食品(カップ麺、電子レンジ調理品など)

  • 乾麺(うどん、そば、そうめんなど)

  • 缶詰(フルーツ、野菜、魚類、肉類など)

  • 調味料(醤油、料理酒、食用油、スパイス各種など)

上記以外にも消費期限/賞味期限内であれば買取可能です。


期限が迫っている場合はすぐにご連絡ください。 ギリギリまで買取させていただきます!

食品買取業者は期限で選びましょう


食品の在庫には賞味期限や消費期限が設定されていますので、買取業者は独自に「○日前まで」等、基準を設けています。


この基準がギリギリまで買える業者が、結果的にもっとも条件良く買取できるといえます。 例えば、


A社「当社の基準では期限10日前までしか買取できません」 B社「同、5日前」 C社「賞味期限であれば切れていても大丈夫」


A社だけに相談していたら、「やはりもう捨てるしかないか…」と諦めなければならない状況になってしまいます。

またB社でも取引の交渉や確認と商品の輸送の日数であっという間に期限が過ぎてしまいます。 在庫処分JPでは賞味期限切れでも買取可能ですので、これまで諦めていた在庫をしっかり現金化することが可能です。

食品買取できる業者は限られます


上場企業が運営する大手のリサイクルショップでは食品の買取は行っていません。

また、それ以外のリサイクルショップの一部では買取を行っている店もありますが、大量の食品在庫の処分には対応していないケースがほとんどです。


貧困世帯などへの食料支援として、食品を寄付する「フードバンク」という取り組みも検討してもよいかと思います。


しかしコロナ渦の厳しい経営状況の中、単純な寄付になるフードバンクを運営するNPO法人への処分は、よほど資本が厚い企業でないと現実的ではないかと思います。


在庫処分JPでは食品在庫を独自のルートで販売。

小ロット大量~大ロットまで、メーカー・卸問屋・店舗・個人事業の業態も問わず買取させていただきます。

食品買取の流れ


  1. まずは弊社までお電話・メールフォームにてお問合せください

  2. 担当者が内容確認の上、概算のお見積りをご案内いたします

  3. 取引条件にご納得いただけましたら、引取日を決定いたします

  4. 食品在庫の保管場所まで弊社スタッフが訪問いたします

  5. 商品引揚げ後、すみやかに指定口座へ現金振込いたします


一時的な「買取」という取引形態のため、煩雑な取引契約書などは必要ございません。

(別途必要な書類につきましては担当よりご案内差し上げます)


弊社へお問合せいただく方の大半が初めて食品の在庫を処分・買取する、という方ばかりです。


これまで食品在庫の買取を行ったことがない企業・担当者様もお気軽にお問合せください。




12回の閲覧0件のコメント
  • Sosuke Masaki


在庫処分JPでは通信販売を行っている法人様からも在庫買取のご相談を多数、いただいております。



大手A社様の場合


生活用品全般を取り扱っており、トレンドに合わせて毎年多くの商品を開発・販売していますが、残念ながら販売計画に満たなかった商品については一定期間のセール後、過度な割引価格は既存の商品の販売率鈍化や平均単価減少を招くことから行わず、在庫処分JPが在庫を買取させていただいております。


特に寝具は在庫保管スペースも多く必要で、かつセールを行っても販売がそこまで大きく伸びる商品ではないことから、大変重宝いただいております。



中堅B社様の場合


オフィス家具を中心にネット通販を行っているB社様では、海外で生産した商品を国内で販売していますが、安価に提供するため不良品も一定数、発生しています。


こうした不良品=B品については、人気商品についてはゲリラ的にアウトレット品としてセールを行ったりもしていますが、人気商品以外については安価で提供してもオフィス用品という性質上、そこまで売れる訳ではなく、長期間に大量のB品が商品として出品されていることは、ショップのブランドイメージ低下にもつながりかねません。


また、販売後のお客様からの返品でも不良品が発生することがあり、こうした商品の再検品を国内で行うリソースやコストもなく、困っていましたが、在庫処分JPが買取させていただくことで、新品・新製品の販売に集中することができるようになりました。



ベンチャーC社の場合


独自のトレンド嗅覚と海外のコネクションでライセンス契約を結び、日本国内未発売のブランドを国内販売を行っていたC社ですが、販売が伸び悩んできたことからブランド側が契約期限切れを理由に別の商社へ乗り換えることになってしまいました。


C社としては別の商品の取扱にシフトしつつあり、積極的に更新を交渉することもなかったのですが、困ったのが既に仕入れて国内用に自社のラベルを貼った在庫商品です。


自社では当然ライセンス期間終了後に同社の製品を販売することはできないため、お困りのところ、在庫処分JPへご相談いただきました。

こちらは独自のクローズドマーケットでの処分にて対応を承りました。



在庫処分JPという選択


法人・個人事業主の皆様、不良在庫・返品・ライセンス切れ品など、自社のリソースでは販売できないからと安易に廃棄業者へ処分を依頼されていませんか?


在庫処分JPでは通販商品の在庫を買取させていただきます。


倉庫に眠っている不要な通販商品在庫にお困りなら、是非一度在庫処分JPへお問い合わせください。



在庫処分JPの在庫買取はこちら

15回の閲覧0件のコメント

​ご相談・お見積り無料