検索
  • Sosuke Masaki

物流の現場で発生する商品事故において、預かった商品の弁済が現場側の負担になることが問題になっています。

しかし、商品事故と言っても非常にシビアなものもあるのが事実です。


見た目に完全に商品が破壊されているなど、破損が明らかな場合は弁済が確定的ですが、商品パッケージや輸送箱などに軽度のダメージがある場合は、商品本体に破損が無い場合でも、弁済の対応を迫られるケースがあります。また、こういった場合に委託元へ報告をせず通常通り出荷した場合には、後日になって商品事故が発覚することになり、委託元との信頼関係が傷つき、業務委託の契約が見直されたり、破棄されたりするリスクを追うことになりかねません。

そのため、委託先の現場では軽度の破損や、外観上判別できない場合でも、商品事故として扱う必要があります。こうした場合、商品事故品を弁済することになります。


商品事故品を再販売するのは、大変な手間がかかり、通常業務以外に処理する時間はありません。


そんな時は「在庫処分JP」へ、ご相談ください。

現場で見積り、ご納得いただければ現金で商品代金をお支払いし、商品引き上げまで全てサポートいたします。


まずはお気軽にお問い合わせください。

1回の閲覧0件のコメント
  • Sosuke Masaki

最終更新: 2020年4月21日

食品を取り扱う業者の悩みは、何より「消費期限・賞味期限」があること、ではないでしょうか。

期限が短い


一般的な雑貨や家電・アパレル商材であれば、1週間・1ヶ月、1年と経過しても商品が使い物にならなくなるといったことはありませんが、食品は早いもので数時間から当日など、とても早く、期限を過ぎて販売することは通常はできません。


そのため、店舗の仕入れ担当者やメーカーの担当者は過去の実績や長年の経験から日々適切な量を注文・生産することに命を削っているといっても過言ではありません。


システム化やAIの進歩により、大手を中心に数値の予測精度は向上しつつありますが、新製品や周辺のイベントなど、システムやAIでは判断できない要素も多数あり、経験がものをいう世界です。


具体的な対策はまだ完全ではない


近年はイベント用の食材の過度な販売競争から発生する大量の食品ロスが問題となり、大手コンビニチェーンでは季節イベント食材については予約制とし、当日販売を行わない方針を打ち出したところ、食品ロスが大幅に減少・利益率も改善したという報道もありました。しかし、予約をしないお客様や、日常の生産数は予約では解決しません。


どれだけ正確に予測し、経験に基づいて修正を加えたとしても、予測が外れることがあります。それは一つの商品が大量に余ることもあれば、複数の商品が少量ずつ残ることもあれば、複数の商品が大量に余る最悪の自体も、あります。


それでは余ってしまった食品の処分はどのようにしたらよいでしょうか?


自社でセール


まず思い浮かべるのが自社・自店でのセールです。 特に期限が短い商品については、この方法しか無いと言っても過言ではありません。

惣菜や生鮮食品など、20%オフ・50%オフのラベルを貼り、売り切りを計ります。

期限が短い=消費のサイクルも短い、ため見切りセールにすることで比較的処分は容易に行うことができるでしょう。


一方で、期限が長い=消費のサイクルが長い商品はどうでしょうか。

消費のサイクルが長いということは消費者は切迫して購入する理由が無いため、値段が下がっただけでは直ちに購入するとは限りません。必要な時に必要なだけ購入するため、売り切るためには客数が重要になってくるのです。必要とするお客様が来店され目に付く回数を増やすことで、購入の確率が低い商品でも販売することができます。


逆にいうと、客数が少ない(もしくはそもそも需要が低い)商品は、値下げしても売れないのです。


廃棄処分


自社でセールを行なっても売れない・もしくはセールをしないとなると、次に検討するのは廃棄処分です。


しかし近年食品ロスはその物量、処理方法など社会的な問題が深刻化しつつあります。 その量は実に年間643万トン。世界・国内に飢えに苦しむ人々が多数存在する一方で、大量の食品を廃棄している国が、日本なのです。


そこで「食品ロスの削減の推進に関する法律」(略称 食品ロス削減推進法)が、令和元年5月に発布・10月1日に施工され、自治体・事業者・消費者が一丸となって食品ロスの削減に取り組むのが当たり前になりました。


こうした現状を踏まえ、どのような理由であれ食品を廃棄することは極力、避けるべきでしょう。


食品の在庫処分業者の存在


食品ロスではNPOなどへの寄付、フードバンクなどの活動がフォーカスされていますが、実は現金化できるということをご存知でしょうか?


期限がある食品を買取できる業者は国内でも非常に限られていますが、確かに存在します。


それを満たすための条件は、

  • 自社で食品を販売している

  • 大量の集客でニーズが低いものも完売できる

  • 期限が迫った食品を日常的に販売している

といった3つの条件を満たしている必要があります。

どのような内容が取引されているのか


では聞きなれない食品の買取の業者は、どのような取引が行われているのでしょうか?


取引されている食品のメインは、インスタント食品や缶詰・レトルト食品など、比較的保存期間が長期のものです。


これらは定期的に新商品や季節専用のパッケージが投下され、業界的にも販売実績を競うコンペなどが行われることから大量に生産されるものの、消費者の財布の紐は硬く、大概の場合大量の在庫が店舗か問屋・メーカーの倉庫に残ってしまいます。

同じ傾向から、お菓子類も大量に余剰となるケースがあります。


イベントつながりで、お歳暮やお中元などギフト品も在庫処分で取引されている食品の一つです。自店でのギフト解体セールを行う場合、特設会場を設け、専用の係員を貼り付け、大幅に値引きした商品を販売するため非常に低い利益率で販売することから、運営コストを考慮すると全く儲からない(客寄せと割り切るレベル)なのが実態です。店舗である程度処分可能な物量であればこれはこれで良いのですが、大量に余った場合には店頭のプロパー・定番の商品の売上へ影響が出る可能性があるほか、問屋業など業態によっては自店で処分セールを行うことができないため、業者へ依頼されることが多いようです。


最近は酒類の買取も増えつつあります。酒類を売買するというイメージが浮かばない経営者・担当者の方も多いと思います。近年のワイン・焼酎ブームによって、国内外のお酒を多数店頭に展開している店舗も多いと思いますが、これこそ多品種・少量の品揃えが求められる世界で、売れないお酒は全く売れないというジレンマを抱えます。こうした店舗の事情から、酒類の在庫処分に関する買取へのニーズは高まりつつあります。



まとめ


いかがでしたでしょうか。食品の在庫処分と一口で言っても、社会事情の変化から「業者への買取」という選択肢が注目を集めてくるのではないでしょうか。


もちろん在庫処分JPでも食品の在庫処分を承っております。

お気軽にお問い合わせください。


47回の閲覧0件のコメント
  • Sosuke Masaki

物販のビジネスに関わる上で、止むを得ず発生してしまう物流事故。

その中でも多いのが、商品の落下です。

落下した商品はどのように扱えば良いでしょうか?


■自社で販売する


店舗など自社で販売できるチャネルが確保できている場合には、自社で販売することを検討します。

しかし、当然通常の商品と同じ価格というわけにはいきませんので、値段を下げてセール品・アウトレット品として販売することになります。


■廃棄処分する


落下などの衝撃により、正常に動作するかどうか判別ができないケースも存在します。 特に精密な製品や電化製品など、検品が困難なものについては、安易に自社店頭などで販売してしまうと、アウトレット品としてもクレームになったり、顧客の満足度を下げる結果になることもあります。

そのため、販売を行わず一意に処分してしまう選択を行うことも多いでしょう。


■買取業者へ依頼する


もっともおすすめなのは、買取業者への買取依頼です。

自社での販売は先述の通りリスクも抱えることになりますし、特殊な扱いで販売スタッフへの連携、オペレーションの周知など、負担も少なくはありません。

特に中古品も取り扱う買取業者は、動作チェックや検品は日常的に行なっているため、負担にならず、落下した商品でもスムーズに対応することができます。

また、多くの業者は現金決済ですので、不良在庫をすぐに現金化し、正常な商品の仕入れに当てることが可能です。


■まとめ


このように、落下した商品の処分方法は、買取業者へ依頼することがおすすめです。

在庫処分JPでは、こうした物流事故での落下商品の買取も承っております。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

1回の閲覧0件のコメント

​ご相談・お見積り無料

在庫買取のお問合せはこちら

在庫処分・商品事故品買取の中商株式会社

© 2021 在庫処分JP