検索

芸能人やアニメ・ゲームなどのコラボ商品で発生した不良在庫・余剰在庫の処分は「在庫処分JP」へご相談ください!全国対応・即現金化で御社のお困りの在庫を買取させていただきます。



コラボ在庫はリスクも高い


キャラクタービジネス全盛の昨今、コラボしない商品はないぐらいのマーケットの様相ですが、人気にあやかって販売促進を目論みるコラボレーションも、失敗するケースが後を経ちません…。


なぜコラボ商品は失敗するのか


ではなぜコラボ商品は失敗し、大量に売れ残ってしまうのでしょうか。

第一に、コラボ先のキャラクターや芸能人の人気にマーケットサイズを見誤ってしまうことです。ドラマやアニメ作品が高視聴率を飛ばしても、コラボした商品自体の商品力が著しく高まる訳ではないため、商品そのものの価値以上に売れることはありません。


第二に、コラボ先のターゲットと自社のコラボ商品のターゲットの相違です。多くの場合客観的に見れば「なぜそのコラボを認めた?」と思わざるを得ない商品が大量に売り場に埃をかぶって山積みになっていることが多々あります。


このように、元々の商品力とコラボ先との親和性を無視して製造されたコラボ商品は、ほぼ確実に余剰となり、不良在庫化します。


コラボ商品の処分方法


こうして発生したコラボ商品はどのように処分すべきでしょうか。


1.セール、値引き

店頭やネットショップをお持ちでしたら、まずは定価から値段を下げ、セール商品として販売します。ただコラボ商品はライセンス契約料の都合でもともとの定価自体が高く設定されていることもあり、10%~20%値下げしても割高感があることも。また本来の商品のターゲットとコラボ商品のターゲットが相違している場合には、コラボ先のキャラクターや芸能人を嫌がって買わない、という心理的なマイナス要因を抱えてしまっている場合には値下げしても売れないケースもあります。


2.廃棄処分

大幅な値引きを行なっても在庫が消化できない場合、廃棄処分することも選択肢の一つです。なぜなら不良在庫は売り場や倉庫で場所をとり、棚卸し対象となることで管理コストも発生するからです。産廃業者へ依頼することで処分自体は比較的容易に進めることができます。しかし当然処分ともなればコストが発生しますので、在庫そのものの棚卸廃棄損と加え、それなりの費用も発生することを十分理解する必要があります。


3.在庫買取業者

3つめの選択肢は、在庫の買取業者への依頼です。

「在庫買取」で検索を行うと、様々な在庫買取業者が検索結果に現れます。こうした在庫買取業者は、企業の余剰在庫・不良在庫を買取し、独自のルートで再販売を行います。

多くの場合、店舗や倉庫など現地まで商品の引き取りの手配を行い、振り込みまでスムーズに手続きを進めますので、企業側の担当者の負担も最低限で在庫を処分し、かつ買取ですので現金・資金も手に入れることができます。


コラボ商品の在庫処分は「在庫処分JP」へ

在庫処分JPでは、コラボ商品の在庫買取も強化しております。


例えばこんなコラボ商品の買取歓迎です。

  • 芸能人とのコラボ

  • 有名ブランドとのコラボ

  • アニメキャラクターとのコラボ

  • ゲームとのコラボ

  • イベントとのコラボ

  • アーティストとのコラボ

  • ご当地とのコラボ

商材も幅広く取り扱っております。

  • キーホルダー

  • ストラップ

  • ハンカチ

  • タオル

  • 靴下

  • Tシャツ

  • マスク

  • クリアファイル

  • アクリルキーホルダー

  • お菓子

  • カップ麺

コラボ商品の不良在庫・余剰在庫の処分・現金化は「在庫処分JP」までご相談ください。



2回の閲覧0件のコメント

最終更新: 9月6日


オリンピックグッズの在庫でお困りの法人様・メーカー様、「在庫処分.JP」へ

公式・非公式、雑貨から食品まで、幅広いオリンピック関連の商品の在庫を買取・処分いたします。

ご相談・お見積もりは無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。


厳しい販売状況のオリンピックグッズ


ほとんどの会場で無観客となった東京オリンピック/パラリンピック。

当然、大量に製造されたオリンピックグッズの売れ行きは芳しくありません。


公式ショップも苦戦

売れてないということで実際にショップを訪れること自体がもはや貴重な体験として語っているのがROCKET NEWS24です。


記事では公式ショップは2021年9月まで営業を行うようですが、大量に陳列されたグッズは公式ショップでは売り切ることができるのでしょうか?


参照)ROCKET NEWS 24「【知ってた】東京オリンピックグッズが売れていないらしい → 公式ショップで「売れ筋ベスト5」を聞いてみた」


売れ行きは運営側から箝口令


実際のグッズの売れ行きは非常に厳しいものだと言われています。 

一部報道では運営側からメーカーや小売店に対して箝口令(かんこうれい)が敷かれ、グッズの消化率などを公表しないように圧力がかかっているとのこと。


「この状況では隠したって仕方がない。売れ行きは全然だめです、本当にだめ。どのくらい売れてないか数字が出せないくらい売れていません。このままでは廃棄が数万点にのぼるかもしれない」と危機感を募らせる。

大幅な値引きも制限されているということで、現場の担当者は売り上げ以上に大量の廃棄処分について懸念しているようでした。


参照)President Online「「東京五輪グッズは大量のゴミになる」メーカーが組織委の"箝口令"で話せない本音」


全国の売り場でも苦戦


東京の大型ショッピングセンターでも専用の売り場に大量のオリンピックグッズが並びますが、手に取る人の姿も少ない様子です。


売り場の担当者も「公式グッズのため値引きもできず困っている」とのこと。


参照)Yahoo!JAPAN「【東京五輪】公式グッズ大量売れ残りで業者悲鳴…人気上がらず割引不可の大逆風


SDGs達成のためにも廃棄は避けよう

このように様々な制限や圧力もあり、値引きによる販売が困難な東京オリンピックグッズですが、言われるがまま廃棄処分してしまって本当に良いのでしょうか?


Yahoo!ニュースの報道でも一部の古物商は買取を異なったという内容がありました。


昨今、持続可能な環境社会の実現を目指すSDGsなどの取り組みに対して、平和の祭典が逆行してしまうのはいかがなものでしょうか。


オリンピックグッズには実用的な物も多い


公式ショップでの人気商品は、マスクやタオルなど実用的なものがランクインしていました。

またNHKの報道でも、Tシャツ、タンブラーやグラスなどロゴの入った食器が人気とのことです。


このように、オリンピックグッズには実用的なものが多く、これらは実用品として価値があります。


参照)NHK「五輪 開幕直前 公式グッズと関連書籍の売れ行きは」


オリンピックグッズ各種在庫買取します


「在庫処分JP」では、オリンピックグッズの在庫買取を行っています。


定番のTシャツ・タオルはもちろん、食品までありとあらゆる商材を買取可能です。


シークレットマーケットでの販売やネット販売不可など、条件もご相談に乗りますので、まずは一度お問い合わせください。




49回の閲覧0件のコメント
  • Sosuke Masaki

最終更新: 7月29日

近年気候の変化により、甚大な被害につながる集中豪雨が多数発生しています。また短時間ゲリラ豪雨(記録的大雨)など予期せぬ大雨により商品が汚損することも。「在庫処分JP」では、輸送箱やパッケージ汚損で通常の販売が困難になった商品でも買取させていただきます。


増える異常気象


梅雨前後や台風シーズンにこれまで類を見ない大雨・集中豪雨が発生するケースが増えています。

近年降水量80mm/時を超える猛烈な大雨は、ここ30年で1.7倍に増えており年平均17.9回となっていて、今後21世紀末に向けて増加し続けるとの予測がされています。(参照:ウェザーニュース


都市部でも被害が


地方では崖崩れや河川の氾濫など甚大な被害を与える一方、都市部では短時間の雨で冠水したり雨漏りすることも。

実際に商品が被害に遭うケースも増えています。


店舗の浸水

都市部では下水の排水能力を上回った場合、河川から離れた場所でも汚水が道路上に広がっていく災害が発生します。ビル1階などのテナントの場合はこうした場合に床上浸水により床に積んだ商品などに被害が及ぶ可能性があります。


ビル・倉庫の雨漏り

大雨の場合、ビルや倉庫の屋根上の排水能力をうわまった場合に、天井から雨漏りが発生する場合があります。通常の雨では起こらないこともありどこで雨漏りするか予測がつかないことから、店頭や倉庫の商品が知らないうちに水浸しになっていた…というケースも。


荷下ろし場の浸水

ビルやショッピングモールなどの荷下ろし場は、店舗側のフロアの高さとトラックの荷台の高さに合わせるために、駐車する側が低くなっている場合があります。大雨が降ると低い場所に流れてきた水がこのトラックを駐車するスペースへ集まり、プールのように雨水が溜まることもあります。こうした駐車スペースには荷捌きが間に合わなかった商品などが積まれていることがあり、不意のゲリラ豪雨などで汚損する場合もあります。


大雨の汚損品の買取は在庫処分JPへ


このような雨による汚損で販売に支障がでた商品は、ぜひ在庫処分JPへお問い合わせください。弊社が即現金買取いたします。


1.まずはメール・電話で問合せ

2.事前見積もりをご回答

3.正式申込

4.現地へ商品回収/代金お支払い


買取での対応となりますので、面倒な売買契約書などの書類は不要です。

汚損品の処分でお困りの経営者様・ご担当者様、ぜひお気軽にお問い合わせください。




2回の閲覧0件のコメント

​ご相談・お見積り無料