検索
  • Sosuke Masaki

中国では様々な商品の製造が盛んで、生活雑貨から家電など、多種多様な商品がとても安価に製造されています。そんな中国から仕入れた商品の在庫処分でお困りの法人様いらっしゃいましたら、在庫処分JPへご相談ください。


中国からの仕入はハードルが低くなった


中国から仕入れを行う際に外せないのは義烏(イーウー)です。「世界最大の問屋」・「仕入マーケット」と言われており、現地の市場にはユニークな商品が非常に安価に並んでいます。


以前はこうした中国で大量に製造されている生活雑貨や家電製品を仕入れるためには、直接中国に買い付けに行く必要がありました。


しかし今や「アリババ」「Banggood」などのサイトを利用することで、ネットを介して簡単に日本国内から仕入れることも可能となりました。

もちろんサイトを通じて中国の業者に直接、仕入価格など条件の交渉も出来てしまいます。


そのため、 個人事業主や法人が中国から商品を仕入れ、在庫を持ち、日本国内のネット通販サイトで販売する方が増えています。


例えばアパレル小物やiPhoneケースなどはアリババが運営するグローバルなコンシューマー向け通販アプリ「Ali express」で1点から手軽に購入することができ、送料込で100円程度という価格で仕入れることができるため、メルカリやラクマなどのアプリで販売し副業として収入を得ている人もいます。


中国の法人が直接販売するケースも増加


個人でも中国から仕入れて販売しているように、中国の企業も直接、日本のマーケットに進出してきています。

最近増えているのは、これまでは日本の業者が中国から仕入れて販売していたものが、中国の業者が直接、日本のECサイトに出品するケースです。


最もメジャーな方法は、AmazonのFBAサービスを利用する方法です。


AmazonのFBAは、日本国内の倉庫に納品さえすればあとは受注から決済・梱包・発送、さらには不良品の返品などの対応を全て行ってくれるサービス。


これを利用して、中国の企業が中国から直接、日本国内のAmazonの物流倉庫へ商品在庫を

送り込み、Amazonが販売代行することで、国や言葉の壁を越えて直接、日本市場に売ることが可能になったのです。


激化する競争・残るのは在庫


しかし、安価で魅力的な商品ではあっても、在庫を仕入れた後に実際に売れるかどうかは全く別の話です。


また着眼点が良く、仕入れた直後は日本国内に出回っていなかった商品を仕入・販売することに成功しても、すぐ国内の同業者や中国の法人が同じような商品を販売してしまうため、すぐに競争が激化し、大量の過剰在庫を抱えることもあります。


しかし、「これは売れる」と信じて仕入れた在庫、売れなかった時のことは案外考えていないものです。


先述のAmazonのFBAを利用している場合でも、売れない場合には長期保管手数料などの在庫保管の費用が伸し掛かります。


在庫処分JPへご相談ください


中国仕入の過剰在庫でお困りの法人様・個人事業主の皆様、「在庫処分JP」へご相談ください。


在庫処分JPでは、中国仕入の過剰在庫を現金買取いたします。


倉庫に眠っている不要な在庫、Amazon FBAに保管されている在庫は資産です。 過剰・不稼働となった在庫は速やかに現金として回収し、次の投資に充てましょう。


中国仕入れ商材の買取・処分は在庫処分JPへ。 お気軽にお問合せください。

105回の閲覧0件のコメント
  • Sosuke Masaki

2020年の夏はコロナの影響でイベントが軒並み中止となってしまいました。

夏祭りも例外ではなく、浴衣を着る機会がほとんど無かったことから、浴衣の販売も非常に低調だったかと思います。


デザインとしては普遍的ですので、来年へキャリーしたいメーカー様や小売店様も多いかと思いますが、売上や収益的に次の夏まで在庫を死蔵させるのは難しい、という法人様もいらっしゃるかと思います。


在庫処分JPでは、今季余剰となった浴衣の在庫を現金買取いたします。


直近の資金繰りに在庫を現金として回収することで、冷静な経営判断と行うべき投資に資金を充てませんか。


浴衣の在庫の買取・処分のご相談は、「在庫処分JP」へお気軽にご相談ください。

5回の閲覧0件のコメント
  • Sosuke Masaki

自然災害などの有事に備えて官公庁や企業で保存されている備蓄食品。期限管理で不要となった備蓄食品を買取いたします。全国対応・即現金化。備蓄食品の買取は「在庫処分JP」へ。


官庁からのご依頼


以前、台風の直前、弊社へ某官公庁からお問い合わせをいただきました。


「災害用に備蓄しているミネラルウォーターが賞味期限を過ぎるため処分したい」


という内容でした。


訪れた東京の官庁の倉庫には13トンもの備蓄ミネラルウォーター。

いざという時に備えて企業も官公庁も蓄えは万全にすべきですが、賞味期限は管理しなければなりません。


こちらの省庁では定期的に備蓄用飲料水や食品を賞味期限などを考慮して入れ替えているとのことで、今回のお取引は初めてでしたが、無事、買取を行うことができました。


備蓄食品を最後まで活用


そこへ台風19号が愛知県を襲うとニュースで報道が。


周辺のスーパーやドラッグストアの店頭からミネラルウォーターが消え、困っていたお客様に無事、今回買取した備蓄用のミネラルウォーターをご提供することができました。


ミネラルウォーターは賞味期限を過ぎても、非常の際は飲料としてはもちろん、様々な用途に活用できます。「賞味期限や消費期限が迫っているから廃棄」とせず、最後まで活用することが重要ではないでしょうか。


幅広い備蓄食品を買取


在庫処分JPでは災害用のミネラルウォーターだけでなく、非常用の食品や各種防災・災害時のアイテムも買取を行なっております。

  • 備蓄用ミネラルウォーター

  • 備蓄用インスタント食品

  • 備蓄用フリーズドライ食品

  • 備蓄用缶詰食品

  • 備蓄用ジュース

  • 備蓄用カレー

  • 備蓄用お菓子(チョコレート、ビスケット等)

上記以外でも備蓄用食品全般の買取を行っております。


定期的な入れ替えに


企業や官公庁・自治体などで保管されている備蓄用の飲料水・食品の定期的な入れ替えの際には、ぜひ一度、弊社「在庫処分JP」までお問い合わせください。


また、一般企業でも自主的に備蓄食品を確保している企業も少なくないと思います。

いざとなると備蓄した食品在庫の期限が過ぎていた・直前に迫っていた…ということがないように、担当者を設け、管理体制を整えましょう。


また、品質管理基準として、賞味期限・使用期限については早めに設定することで、健全な備蓄食品の管理が実現するだけでなく、入れ替える食品を買取できるようになり、備蓄食品の予算削減・低減にもつながります。


コロナ対応でのオフィス縮小にも


世界的な大流行となった新型コロナウィルスの影響で、オフィスへの出勤を見合わせてテレワークに切り替える会社が増えています。これまでは都心の一等地のオフィスに毎日大量の社員やスタッフが出勤し勤務していたフロアがどうしても現地ではないとできない業務や打合せを除いて使われなくなり、閑散としています。


またこの対応に合わせ、コロナの長期化も見越して恒常的にテレワーク主体の業務運営を目論む企業も少なくありません。それに伴い、オフィス面積や機能を最低限だけ残して解約したり移転する企業が現れています。その場合に、備品などを処分するのはもちろんですが、備蓄食品等についても余剰になってきます。コロナ対策によるオフィス縮小・従業員数の減少に伴い過去の計画で手配された備蓄食品が余剰になると判断されましたら、お早めに在庫処分JPへ御相談ください。


備蓄食品の買取は在庫処分JPへ


全国対応・即現金化の「在庫処分JP」は、備蓄食品を初め、各種食品在庫を買取強化中です。


東京以外にも、地方の官公庁様・大手企業様からの買取ご依頼を多数、いただいております。


備蓄食品の買取は、安心・信頼の実績がある「在庫処分JP」へぜひ、ご相談ください。


在庫買取の詳細はこちら

140回の閲覧0件のコメント

​ご相談・お見積り無料

在庫買取のお問合せはこちら

在庫処分・商品事故品買取の中商株式会社

© 2021 在庫処分JP