検索
  • Sosuke Masaki

近年増える台風や大雨の災害。商品が水害に被災した場合でも在庫処分JPが現金買取いたします。対象エリア:関東~中部~関西。被災した商品の処分・現金化は在庫処分JPへご依頼ください。

床上浸水で床置きした在庫が汚損


倉庫では商品が入った輸送用のダンボールを、床置きやパレットなど低い位置に置くことも日常的に行われているかと思います。

しかし、大雨や台風等により地域一帯が浸水した際には、これらが仇になります。

低い場所に保管された在庫は、床から浸水した水で汚損していまうのです。


屋根からの雨漏りで在庫が汚損


雨の被害は地面からだけではありません。雨が続くと日常的な雨量では発生しなかった雨漏りが起こることがあります。雨漏りは床からの浸水と異なり、どこで起こるか分からず、棚に置いた商品であっても被害を受けるリスクがあります。


汚損すると販売に大きな影響


このように水によって汚損した商品は、その程度の大小に関わらず、被害を受けなかった商品と同じように販売することはできません。


輸送用のダンボールの一部が水濡れしている場合、中の商品まで被害が及んでいないか全てチェックすることは困難です。


また開封し中の商品パッケージまで水濡れしていた場合には、訳あり品として販売せざるをえないでしょう。通販では商品パッケージの汚損はわずかでも嫌われクレームになることが多く、軽微な汚れであっても店頭で実際に手にとってお客様に確認・同意の上、販売するのが望ましいと言えます。


もっとも最悪な事態が、商品の中まで浸水してしまった場合です。商品パッケージは汚損し、箱の中まで水濡れしてしまった場合には、店頭・通販問わず、販売は非常に困難なものとなるでしょう。


水濡れで汚損した商品の処分方法


ではこのような理由で汚損してしまった商品は、どのように処分すれば良いでしょうか?


対応方法1)廃棄業者へ産廃として処分を依頼する


地元の産廃業者へ、産業廃棄物として処分を依頼する方法です。 業者は商品が保管されている現地までトラックで訪れ、汚損した商品をそのまま積み込んでいきます。商品は工場へ運ばれ、適切な処理が行われます。最終的な処分が完了した際には業者からマニフェストが発行されますので、忘れずに受け取りましょう。


メリット…一気に片付けることができるので簡単

デメリット…廃棄費用が膨大に発生する可能性


対応方法2)自社で対応する


自社のリソースを使って、被害を受けた商品を対応する方法です。

汚損した商品を選定し、パッケージの再生産が可能であればパッケージのみ入れ替えます。

また本体まで汚損が及んだ商品については、清掃や動作チェックを行い、再生産品として販売を検討するか、フリマアプリやオークションサイトなどで中古品として販売を行います。


メリット…商品の売上高を最大まで取り戻すことができる

デメリット…本来の業務・計画以外に人員を使う必要がある、海外生産の商品を日本国内の人員で対応した場合のコスト倒れへの懸念、慣れない販売方法でのスタッフの負担


対応方法3)買取業者へ依頼する


汚損の被害を受けた商品を、在庫買取業者へ依頼する方法です。

廃棄業者と同様に商品が保管されている場所までトラックと人を手配し、商品を処分するところまでは廃棄するケースと同様ですが、決定的に異なるのが商品の処分費用が発生するのか、買取として現金を受取ることができるのか、です。


メリット)一気に片付けることができるので簡単

デメリット)自社で対応・販売するよりも売上高は低くなる


自社での対応はコスト倒れも


自社の製品を自社の人員でなんとか売上を取り戻したい、と考える経営者や幹部の方も少なくないとは思います。

しかし、経営コンサルタントも行っている私からすると、その代償はあまりにも多く、費用や負担・時間に対して回収できる資金が少なすぎると考えます。


汚損し山積みとなっている商品を輸送箱から全て取り出し、汚損の有無をチェックする

商品パッケージに汚損がないか、1点ずつ細部まで確認を行う

パッケージが汚損した商品について、中身まで浸水していないか確認を行う

中身が浸水した商品について商品をクリーニングし、動作チェックを行う

汚損したパッケージについて追加で入れ替えようのパッケージ・緩衝材を手配する

訳あり品として店頭や通販サイト、フリマアプリなどで顧客に適切な説明を行う


ここまでの労力を割いて得られる利益は当然プロパーの場合よりもそれでも低いものになります。


特に海外生産だったり単価が低い商品では、コスト倒れとなる可能性が極めて高いでしょう。


こういった事情を考慮すると、水濡れで汚損した商品の対応方法は「買取業者への依頼」になると考えます。


保険適用で回収した商品も買取いたします


メーカー様や問屋様・小売店様の中には保険に加盟することで、こうした汚損商品については保険適用し資金を回収される方も多いとは思います。


こういったケースで対応し回収した商品について、保険会社様からの買取も可能です。

保険会社様への被害申請し、自社での処分を保険会社から指示された場合でも処分方法のひとつとして買取も可能です。


水濡れによる商品の処分は「在庫処分JP」へ


水濡れによる商品の処分・対応は、買取業者への依頼・現金買取がおすすめです。

中でも汚損品や物流事故品に特化し買取を行っているのが「在庫処分JP」。

関東~中部~関西エリアまで、事故品の在庫買取をカバー。


もちろん現地への回収手配・現金買取で事故品をスピード現金化し、被災した際の資金繰りをご支援いたします。


対象商品は日用雑貨・家電製品・アパレル・服飾雑貨・生活用品・工業用部品・食品まで幅広くお取り扱いしております。


台風や大雨により水濡れなど被災した商品の処分は、「在庫処分JP」へお気軽にご相談ください。

  • Sosuke Masaki

最終更新: 5日前

百貨店閉店に伴うテナント様・百貨店様の在庫を買取致します。セール前後、売れ残り問いません。店頭備品や什器などの買取も。百貨店閉店に伴う在庫処分は「在庫処分JP」へ。

全国で閉店が続く百貨店


2020年8月31日、全国で多くの百貨店が閉店し、話題になりました。


現在はセブン&iホールディングス傘下となっている百貨店の「そごう」。

そごう徳島店(徳島県)は、この日閉店し37年の歴史に幕を閉じました。 この閉店により、徳島県からは百貨店が1店舗も無くなりました。


1月には山形県の老舗百貨店「大沼」が倒産したことで同県内の百貨店がゼロとなっており、徳島県は百貨店がない県2例目となります。


そごう関連ではこの日、


・西武大津店(滋賀県)

・そごう西神店(兵庫県)

・西武岡崎店(愛知県)


の3店舗も閉店となりました。


参考)関西で2つのデパートが閉店 (NHKニュース)

参考)西武岡崎店が閉店、20年の歴史に幕 後継入居者は未定日本経済新聞)


福島県では中堅の老舗デパート「中合」が146年目にして閉店。

最終日には地元の方々が閉店セールに朝早くから行列を作りました。


参考)「中合福島店」8月31日閉店 老舗百貨店へ別れ惜しむ買い物客 (福島民友新聞)


愛知県では駅前という好立地にも関わらず、大手伊勢丹グループが出店した「イセタンハウス」が閉店しました。


参考)イセタンハウス閉店 来春改装オープンへ (中日新聞)


2020年10月15日には、香川県の「松山三越」が改装により売り場面積を1/3に縮小することに伴って希望退職を実施。結果、全従業員の8割にあたる200名が希望退職に応じたことが報道されました。


参考)「松山三越」希望退職者を募集 全従業員の8割が応募(NHK



百貨店の閉店一覧


2020年のコロナ禍以前から、百貨店の閉店は相次いでいました。


バブル崩壊後の倒産ラッシュの後、いったん落ち着いたかと見えた閉店ラッシュは、2016年ごろから再び増加。


・西武春日部店

・一畑百貨店浜田店

・マルカン百貨店

・ダイシン百貨店

・ほの国百貨店

・千葉パルコ

・西武八尾店

・三越千葉店

・三越多摩センター店

・さくら野百貨店仙台店

・西武船橋店

・西武小田原店

・十字屋山形店

・伊勢丹松戸店

・三越富沢店

・棒二森屋

・井筒屋宇部店

・井筒屋黒崎店

・三越木更津店

・大丸山科店

・伊勢丹相模原店

・伊勢丹府中店

・新潟三越

・一畑百貨店出雲店

・イズミヤ寝屋川店

・さとう西舞鶴店

・さとう福知山店

・ヤナゲン大垣本店/FAL店

・山交百貨店

・大和高岡店

・中三青森店

・東急東横店

・そごう川口店

・西武岡崎

・西武大津店

・そごう西神店

・そごう徳島店

・高島屋港南台店

・清水屋犬山店

・大沼山口本店

・三越恵比寿店

・松坂屋豊田店

・さいか屋横須賀店

・中合福島店


2017年以降の百貨店の閉店ラッシュは凄まじいものが有ります。地方百貨店はもちろん、大手が展開する比較的都心部でも閉店するケースが見られ、百貨店という業態の厳しさが伝わってきます。


閉店セール、それでも残った物は


このように全国、都心・地方例外なく閉店が続く百貨店。 各店舗は閉店に際して「閉店セール」を催し、地元の顧客へ最後の還元と言わんばかりにセールで在庫商品の一層を試みます。


しかし残念ながらどれだけ値段を下げようとも、売れのこる商品があるのも事実。 同じグループの別店舗へ在庫を移動するケースも有りますが、これは本来売れ筋の商品に行うべきアクションで、売れない商品を移動することには何のメリットもなく、移動と管理のための人件費と移動コストがさらに発生するだけです。

またグループ全体で事業精算・倒産するケースでは店舗間の移動という手段も当然使うことができません。


百貨店の閉店に伴って処分が発生するのは商品だけでは有りません。

豪華な百貨店の格式を保ってきた店内の装飾品や美術品、商品陳列に使用された店舗什器、レジや商品管理のためのパソコン・事務用品、店内ポップを作成するための大型プリンター、従業員のための食堂や休憩スペースの設備、管理職のための事務所の様々な備品に至るまで、全ての備品を処分する必要があるのです。


閉店での処分に関わるコストは1円でも抑えたいところでしょう。


在庫処分JPにお任せください


在庫処分JPでは、閉店前後で売れない・売れ残った・セールだけでは処分しきれない在庫について、現金買取致します。

また店内備品や什器・美術品・装飾品なども買取可能。

廃棄業者や解体業者に依頼する前に、「在庫処分JP」へまずは一度ご相談ください。

閉店費用を1円でも抑えることができるかもしれません。


在庫処分JPは全国対応・即現金化で百貨店閉店の際の支出抑制をサポート致します。


お問い合わせはお気軽に。


  • Sosuke Masaki

中国では様々な商品の製造が盛んで、生活雑貨から家電など、多種多様な商品がとても安価に製造されています。そんな中国から仕入れた商品の在庫処分でお困りの法人様いらっしゃいましたら、在庫処分JPへご相談ください。


中国からの仕入はハードルが低くなった


中国から仕入れを行う際に外せないのは義烏(イーウー)です。「世界最大の問屋」・「仕入マーケット」と言われており、現地の市場にはユニークな商品が非常に安価に並んでいます。


以前はこうした中国で大量に製造されている生活雑貨や家電製品を仕入れるためには、直接中国に買い付けに行く必要がありました。


しかし今や「アリババ」「Banggood」などのサイトを利用することで、ネットを介して簡単に日本国内から仕入れることも可能となりました。

もちろんサイトを通じて中国の業者に直接、仕入価格など条件の交渉も出来てしまいます。


そのため、 個人事業主や法人が中国から商品を仕入れ、在庫を持ち、日本国内のネット通販サイトで販売する方が増えています。


例えばアパレル小物やiPhoneケースなどはアリババが運営するグローバルなコンシューマー向け通販アプリ「Ali express」で1点から手軽に購入することができ、送料込で100円程度という価格で仕入れることができるため、メルカリやラクマなどのアプリで販売し副業として収入を得ている人もいます。


中国の法人が直接販売するケースも増加


個人でも中国から仕入れて販売しているように、中国の企業も直接、日本のマーケットに進出してきています。

最近増えているのは、これまでは日本の業者が中国から仕入れて販売していたものが、中国の業者が直接、日本のECサイトに出品するケースです。


最もメジャーな方法は、AmazonのFBAサービスを利用する方法です。


AmazonのFBAは、日本国内の倉庫に納品さえすればあとは受注から決済・梱包・発送、さらには不良品の返品などの対応を全て行ってくれるサービス。


これを利用して、中国の企業が中国から直接、日本国内のAmazonの物流倉庫へ商品在庫を

送り込み、Amazonが販売代行することで、国や言葉の壁を越えて直接、日本市場に売ることが可能になったのです。


激化する競争・残るのは在庫


しかし、安価で魅力的な商品ではあっても、在庫を仕入れた後に実際に売れるかどうかは全く別の話です。


また着眼点が良く、仕入れた直後は日本国内に出回っていなかった商品を仕入・販売することに成功しても、すぐ国内の同業者や中国の法人が同じような商品を販売してしまうため、すぐに競争が激化し、大量の過剰在庫を抱えることもあります。


しかし、「これは売れる」と信じて仕入れた在庫、売れなかった時のことは案外考えていないものです。


先述のAmazonのFBAを利用している場合でも、売れない場合には長期保管手数料などの在庫保管の費用が伸し掛かります。


在庫処分JPへご相談ください


中国仕入の過剰在庫でお困りの法人様・個人事業主の皆様、「在庫処分JP」へご相談ください。


在庫処分JPでは、中国仕入の過剰在庫を現金買取いたします。


倉庫に眠っている不要な在庫、Amazon FBAに保管されている在庫は資産です。 過剰・不稼働となった在庫は速やかに現金として回収し、次の投資に充てましょう。


中国仕入れ商材の買取・処分は在庫処分JPへ。 お気軽にお問合せください。

在庫処分・商品事故品買取の中商株式会社

© 2020 在庫処分JP